<< 台湾旅行〜その参〜 | main | 台湾旅行〜その壱〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
台湾旅行〜その弐〜
2月20日(月曜日)

さてさて、今日のお天気はどうかな?

・・・・やっぱり雨じゃん・・・・あめ
でもまあ大した降りじゃないし、気を取り直して朝ごはん食べにいこ。

pic_0364.jpg












いやー、ここのホテルの朝ごはんの素晴らしいこと!
評判がいいのは知ってたけど、想像以上でしたディナー
食いしんぼな私たちは、大喜びで頂いたのでありました。
(もちろんテーブルに持ってきたものは全部完食したよ〜)

さーてと、おなかもイッパイになったことだし、雨も上がりそうなので
今日も一日観光しようではありませんか〜♪

しかし、ここでちょっと我が家の豆知識を(笑)

えーっとね、ウチの家族って皆ぐ〜たらなんです。
夫婦そろって「くつろぐ」「のんびり」「休む」のが大好きで
ハワイに行けば、日がな一日ラナイで海を見ながらぼーっとしてる
豪州に行けば山のカフェで、海べりのレストランでやっぱりぼーっとしてる
沖縄でもホテルのベランダで(ry 伊豆でも信州でも北陸でも(ry

混んでる場所が嫌い、並んで待つのが嫌、うるさいトコも好きじゃない・・
という超わがまま(´∀` )マターリ好きな夫婦なんです。
そんな二人から生まれた娘は・・・ま、同じようなニンゲンに育ったんですねイヒヒ

なので、せっかく旅行に行っても『有名な観光ポイントは全然見てない』
という状態で帰ってきてしまうテイタラク。。。

きちんと計画を立てて、午前中はこことココ午後はコッチとあっち、んで夜はあそこへ。
というような計画性のある活動的な人を心から尊敬し、そんな人にワタシハナリタイ・・
と思っているんですが・・・。



脱線しましたが、こういう家族が出かけたわけです。わははは。


pic_0358.jpg






またしてもMRTに乗り込みました。
向かう先は士林駅、『故宮博物院』に行こうって寸法です。

士林駅からタクシーに乗ったんですけど、いやいやいや台湾のタクシーの
すさまじい速さ、運転技術の荒っぽさ素晴らしさてれちゃう
噂には聞いていたけど、それ以上でしたわ。
まあ目的地に早く着けるからいいんだけどね。

工事中だ!










ちっこい画像で、誰が誰やらわからんでしょうが夫と娘です。
この故宮博物院、ただ今工事中なんですね。
あたりの雰囲気も、なんか慌しくて落ち着かないわけです。

そして当然ながら大勢の観光客がいまして(いや我々もそうなんですが)
それぞれのガイドさんが、それぞれの国の言葉で解説してるわけです。
広東語だったり韓国語だったり、あ、英語圏の人たちは見なかったな。

その団体さんが移動しながら、大音声の説明を聞いてるわけですが
私たちはそこに混じるわけにもいかず、解説聞いたって理解も出来ず
なんとなく上から順に見ていこう、ってことになったのね、うん。

でもまあ人が多い!人大杉ノーノー
人垣の向こうになんか陳列してあるんだけど、あんまり見えない。
(あんまり見る気も起きないってのが本音・・でへへ)

人の波に押されて、あっという間に1階まで降りてきてしまいました。

私「ねー、白菜見た?」夫「あ?居なかったみたい」私「そか」
娘だけが「私、見たような気がする〜」
私「どんなだった?」夫「きれいだった?」
娘「う〜ん、なんかちっこいのが寄りかかってたみたい
私「あー、斜めになってるらしいからそれじゃない?」夫「あーそれだそれだ」
娘「でもちっこかったよ、いいのアレで」私「いいんじゃね?」夫「ウンウンラッキー

・・・なにがいいのかわからないが、とりあえず見たらしいってことで(笑)次行こう、次!


ってことで、タクシーに乗り込んで今度は『中正紀念堂』へ。

またまた珍走団なみの走りで、あっという間に到着。
(ちなみに運転手さんにはガイドブックを見せて行き先を告げました)

pic_0359.jpg







鳩にちょっかいを出す娘>やめれ!

ちょっと前まで春節のランタン祭をやってたらしく
私たちが行った日は、まさに片付けの真っ最中〜工具

それでも壮観なる風景でした、いやー素晴らしい建造物!
pic_0306.jpg


















この門をくぐってずんずん歩いていきますと
巨大なお堂(?)の中に蒋介石殿が鎮座ましまし。。。
そしてそのブロンズ像の蒋介石殿をお守りしている衛兵さん。

もうね、すごいよ微動だにしないの。
背筋をぴしっと伸ばして一点を見据えて、きりりっと立ってるの。
思わず我と我が身を振り返ってしまいましたね。
この人たちの姿勢の何十分の一かでもいいから、我に!って感じ〜?<おい


そしてそして運のいいことに、ちょうど衛兵さんの交代の時刻になったの。
ぴっ、きりっ、ぴしっ、さくっ、ぱっ、って感じで交代の儀式は進むのです。
(もっとさあ、ちゃんとした文章が書けないかなあ私。
 これじゃ長@前監督じゃん。。。たらーっ


pic_0360.jpg








で、感動した私たちは次なる地へ・・・と思ったんだけど
ま、とりあえずは台北駅に行こう、ってことになりました。
台北駅周辺を散策しようね、ってことで。。。


で、またタクシーに乗ったんだけど、んで辺りをキョロキョロしたんだけど
武ちゃんがさあ、どこにも居ないのよ。
いやご本人様がいるわけはないんだけど、ポスターとかなんか
そういうお姿がどこかにあるんじゃないかと、探してたわけですよ。

「如果・愛」の宣伝バス(笑)が走ってるとか聞いてたのに
どこにも走ってない。ってゆーか、もう映画終わってるしてれちゃう
日本では未公開だけど、台湾ではもう公開終了だし。。。。

宣伝バスは見たことは見たよ。
でもそこに居たのは、なんとなんと「孫悟空@香取慎吾ちゃん」びっくり

そりゃ慎吾ちゃんファンで全国行脚してた頃のワタシなら喜んだよお。
でも今はもう昔の男だお。
武ちゃんはどこ????。・゚・(ノД`)・゚・。

と、あちこちを見渡してた私の目に飛び込んできたのは・・・・

pic_0361.jpg








きゃーーーーーーラブた、た、武ちゃん。
こんなとこに居たのね、ああ会いたかったわ武ちゃん。

でもここ「三越」なのよねたらーっ
日本のひゃっかてん「三越」なんですよね。
ま、いいんだけど〜( ゚д゚ )

駅周辺でちょこちょこ買い物したり、本屋さんを覗いたりしたあと
小籠包を食べにそのへんの店に入ってみました。

ちゃんとした家族なら、かの有名店「鼎泰豊」とかに行くんですよね?
出国前に予約をしておいたりして、段取りをちゃーんとつけておくのよね?
いや、そういう案もあったんだけどね、、、
「鼎泰豊」だったら新宿にも玉高にもあるし〜、、、ってことで
「行き当たりバッタリ小籠包」を食そう、ってことに決定しますたの。

飛び込みで入った小さなお店だったんだけど、美味しかったですう〜〜チョキ
とにかく熱々ではふはふであれば、もうそれだけでも美味しいじゃないですか。
もうね大満足でした、決して有名店じゃなかったけど。はおちー♪

お腹もいっぱいになったので、元気出してもう一度夜市に行くことにしました。
さーさー、電車に乗るわよ!でんしゃ

pic_0362.jpg








まだ日暮れ前の夜市は、いくらかひっそりとしていました。
ゆっくりといろんなお店をひやかしのぞいて歩きます。
娘がアクセサリーをねだったり買ったり、夫がシャツを買ったり
私がマンガみたいなTシャツを買ったり、楽しいね〜買い物はニコニコ

途中で喉が渇いたので、ちょっとブレイクタイム。
pic_0363.jpg








本場のタピオカ紅茶!甘いけど美味しい、すごくいいお味。
しゅぼぼぼぼっ、とお口に入ってくるタピオカ、はおち〜♪

さーて、と。
我が家族にしてはすごく充実した一日を過ごした私たちは
もうこれで十分、ってことでホテルに戻ることにしました。

ホテルの地下の免税店をのぞいたり、ブランドショップを眺めたりして
(結局入って買ったりはしないのよね、へへ)
今夜は何を食べる?もう屋台料理や中華はいいよね・・ってことで
ホテルの中のイタリアンレストランに行きました。

ん〜、ヴォーノおてんき
ビールを飲んでパスタを食べて〜、ピザを食べて〜
「台湾だなんて思えない雰囲気だね〜」
「私のバイト先みたいだよね〜」(娘はイタリアン食堂でバイトしてます)

またまたお腹いっぱいで部屋に戻ったのでありました。


んで、そのままお風呂に入って寝ようか、それにはまだ早いか・・と言ってると
夫が「もいっかい台北駅の方に行ってみない?」と言い出しますた。
確かにこのままでは、なんか物足りないし〜・・ってことで、下ろした御輿を
もう一度上げることにしました。よっこらそ。

娘は「私はもうい〜や、お風呂入ってゴロゴロしてるから」
・・・・・やっぱりね、そうくるよねモグモグ

で、娘ひとりを異国のホテルに残して
私たち夫婦は夜の街に繰り出したのでありました。

タクシーに乗りましたらば、その運転手のオジサンが振り向いてニコニコしつつ
「日本人?日本人!」と言いつつ、おもむろにカセットテープを入れるのです。
流れてきたのは「北国の春」・・・桜
サービスのつもりなんでしょうね、大声で歌い始めました(笑)

このオジサン、英語も日本語もまったくダメらしいのですが
この歌はちゃんと日本語で歌えるらしい。
思わずワタクシもご唱和致しましたわ!これが国際交流ってもんですニコニコ

それにしても台北の夜、タクシーの中で異国の人と声を合わせて
♪しぃらかばぁ〜〜、あおぞぉら〜〜♪・・・最高です。
「うまいうまい!」「上手上手」「好!」

夫が私の横で笑い転げております。
「ママ、こぶしきかせずぎ〜〜〜楽しい
なにを言うか、こうみえてもワシはその昔演歌のレコードを1枚出し(ry


三越で夫の買い物をしてお茶を飲んで、今度こそ「もう十分!」になって
ホテルに戻ってまいりました。

んで、お風呂入って寝ますた。



・・・・・・・・・・・・・疲れました。

| 台湾、なニッキ | 12:09 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:09 | - | - | pookmark |
コメント
いやぁーいいですね。有名店にあえて行かないっていうのがいさぎよくていいですね。やはり地元の人が通う小さな汚いそれでいて混んでいる店が一番です。きっと管理人さんはハナが利くんでしょうね。ジーンズの似合うだんなさんもうらやましい!理想的な家族ですね。娘さんもアクセサリーをおねだりしながらも自分で買うあたり、可愛いですね。きっとその分、来月(3/14)のバックがグレードアップするんでしょうけれど…。演歌のレコードを出していたんですか!常連さんは皆知っているんですね。是非、リングネーム(?)いや源氏名(?)いや芸名ですか、を教えていただきたい!!中古レコード店をはしごして探してみたいです。よろしくお願いします。
| Touru | 2006/02/25 11:33 AM |
いやー、地元の人が通う店ってのは本当に美味しいんでしょうけど
まさにそれは「台湾人好みの味付け」であるわけで、日本人の口に、いや鼻には
あまり馴染みがないように思いました・・ってゆーか、私だけかもしれないけど。
なので、管理人のハナは別のことにきく・・ってことで(^^

あー、演歌の件は・・・わはは、リングネームって(笑)
四股名のことですかな?・・・・もう忘れましたー、でへへ。
大昔のことですから、レコードはどこを探しても無いはずです〜
元々、プレス数が極端に少なかったので。ま、試作品に毛の生えたようなものなので〜。
| みゆこ | 2006/02/25 12:41 PM |
いやー、地元の人が通う店ってのは本当に美味しいんでしょうけど
まさにそれは「台湾人好みの味付け」であるわけで、日本人の口に、いや鼻には
あまり馴染みがないように思いました・・ってゆーか、私だけかもしれないけど。
なので、管理人のハナは別のことにきく・・ってことで(^^

あー、演歌の件は・・・わはは、リングネームって(笑)
四股名のことですかな?・・・・もう忘れましたー、でへへ。
大昔のことですから、レコードはどこを探しても無いはずです〜
元々、プレス数が極端に少なかったので。ま、試作品に毛の生えたようなものなので〜。
| みゆこ | 2006/02/25 12:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

願いが叶いますように!

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH